栃木のいちごである逸品とちおとめ・女峰・スカイベリーの歴代3品種と桃薫・白いちごと農園スイーツ、こだわり野菜の生産販売

逸品いちごができるまで

  • HOME »
  • 逸品いちごができるまで
LINEで送る

(11月)

来シーズンの苗を植える為の土作り

DSC_0041

この時期が来シーズンの収穫の為の第一歩。
イチゴ苗は親苗から子苗、孫苗…と数を増やしていきますので
親苗の為の土作りはとても大切です。
堀江いちご農園のこだわりはこの土作りから始まります。

 

(12月)

来シーズン用のいちご苗の準備開始

DSC_0028

その年の収穫がスタートすると同時に来シーズンの苗の準備をしていきます。
親苗といわれる苗を土作りをした育苗用ハウスに植えます。
力強い親苗を育てれば子苗、孫苗…も逞しく育っていき、この40本程の
親苗が子苗.孫苗.曾孫苗…と継いでいき、秋ごろには9000本程の立派に成長し来シーズンの収穫用の苗となります。

(5月)

育苗用の畑の土作り

IMG_2745

当農園の苗作りは高地栽培で行います。
標高1130mの高地で育苗し、夏場に低い温度で育てる事で花芽分化を促します。

(6月)

高地栽培用の畑に親苗の定植をします。

 

IMG_3033

50本の親苗を植えて最終的に約1万本まで増やします。

(7月)

親苗から子苗を増やしていきます。

IMG_3366

親苗からランナーというツルが出るのでピンで押さえます。
するとそこから根が張り子苗が育ちます。
こうして、どんどん苗を増やしていきます。

(8月)

シーズン用の苗を成長させる。

IMG_3481

6月に植えた親苗もこの時期になりますと、畑いっぱいに広がります。

(9月初旬)

子苗を独立させる。(ランナー切り)

IMG_3482

いちご苗は親苗からランナーと呼ばれるツルが伸びてその先から芽が出て根付き子苗・孫苗と増えていきます。
子苗が根付くように、随時根元をピンで止めていき、根付いたら親苗と繋がっているランナーを切って独立させます。
独立させることでしっかりとした力強い苗に成長します。

(9月下旬)

苗が充実してきたら断根します。

IMG_3557 (3)

断根したら苗が弱らないように素早くコンテナに移します。

(9月下旬)

高地栽培を終え、今シーズンの苗を定植します。

IMG_3566

苗の高地栽培も終わり、およそ100kmの移動を経て足利市の農園に定植させます。
この時期は水くれが大事になります。

 (10月)

ハウス内の準備をします。

IMG_3715

定植して根付いたらシーズンへ向けてハウス内を色々と準備していきます。

写真はマルチングといって黒いビニールをかけます。
乾燥防止・地温確保・雑草防止などに非常に効果を発揮します。

(11月)

いちご苗を果実をつけさせる為に成長させる。

IMG_3807

この時期になりますと早い苗だと花芽がついてきます。
換気・水くれの加減が大切な時期です。

(12月下旬~4月下旬)

シーズンを迎え、鈴なりに生ったいちごの収穫です。

DSC_0269

摘み取り時期は完熟になってからほんの少しだけ待ってから、いちごの香りが極めて強くなるタイミングを見極めて収穫します。

超完熟のいちごは別格です!

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 堀江いちご農園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.